FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

GData/Overview

日本語訳について

このページは, Google Data APIs (Beta) Developer's Guide - Google Data APIs Overview を対訳形式で和訳したものです.厳密さより読みやすさを優先し,意訳を多用しています.ご了承ください.

翻訳作業はたけまるが行いました.翻訳には誤りがある可能性があり,内容について一切保証をするものではありません.正確さを求める場合には必ず原文を参照してください.当方は,この文書によって利用者が被るいかなる損害の責任を負いません.

Google Data APIs Overview/Google データ API 概要

The Google data APIs ("GData" for short) provide a simple standard protocol for reading and writing data on the web.

Google データ API (略して "GData") は,ウェブ上のデータを読み書きするためのシンプルな標準プロトコルを提供する.

GData uses either of two standard XML-based syndication formats: Atom or RSS. It also has a feed-publishing system that consists of the Atom publishing protocol plus some extensions (using Atom's standard extension model) for handling queries.

GData では,ふたつの標準 XML シンジケーションフォーマット (Atom あるいは RSS) のいずれかを用いる.GData にはフィード出版システムとしての機能があり,Atom 出版プロトコルを (Atom 標準拡張モデルにしたがって) 拡張することにより,クエリを扱うことができる.

Background: Atom and RSS/背景: Atom と RSS

There are two common XML-based syndication formats for feeds and other data interchange on the web: Atom and RSS. RSS has been around longer, in various versions; Atom is more recent but has more features.

ウェブ上でフィード配信やデータ交換を行うために,ふたつの一般的な XML 配信フォーマット,Atom と RSS,がある.RSS の歴史は長く,多くのバージョンがある.Atom は最近できたものであるが,より多くの機能を持つ.

Atom also provides the Atom Publishing Protocol (APP), an HTTP-based protocol for publishing and editing web resources. (The APP specification isn't yet complete; it's an emerging standard, currently under development by the IETF.) For example, using the APP, you can send an HTTP GET request to ask for a particular resource (such as a feed or entry); the server returns a representation of that resource in the Atom syndication format. You can also create, edit, and delete resources, using POST, PUT, or DELETE, respectively. This use of HTTP requests for a publishing and editing protocol is in the spirit of the REST approach to web service interfaces.

Atom には Atom 出版プロトコル (APP) という仕様もある.APP は,HTTP 上でウェブリソースの公開と編集を行う (APP は IETF で仕様検討中であり,まだ確定していない).たとえば APP では,HTTP GET リクエストを送信することによって,何らかのリソース (フィードやエントリ) を要求する.サーバはAtom シンジケーションフォーマットで表現されたりソースを返す.また,POST, PUT, DELETE を用いることによって,リソースを作成,編集,削除することもできる.このような HTTP リクエストの使い方は,ウェブサービスにおける REST の精神に基づいている.

In various contexts, it's useful to be able to send a query to a server and receive a response containing a list of matching results. Neither Atom nor RSS provides a way to do that, but Atom provides an extension mechanism. GData uses this standard extension mechanism to allow queries.

サーバにクエリを送信し,結果一覧を含むレスポンスを受信できれば良いという状況は多い.Atom や RSS はそのような機能を提供しないが,Atom は拡張することができる.GData は Atom を拡張し,クエリを扱う.

About GData/GData について

GData is a new protocol based on the Atom 1.0 and RSS 2.0 syndication formats, plus the Atom Publishing Protocol.

GData は,Atom 1.0 と RSS 2.0 というシンジケーションフォーマットや,Atom 出版プロトコルに基づく,新しいプロトコルである.

GData extends those standards in various ways, using the extension mechanisms built into the standards. A GData feed conforms to either the Atom or RSS syndication formats. The GData publishing model conforms to the Atom Publishing Protocol.

GData はこれらの標準仕様から外れないように拡張されている.GData フィードは Atom や RSS のシンジケーションフォーマットに準拠しているし,GData 出版モデルは Atom 出版プロトコルに準拠している.

To acquire information from a service that supports GData, you send an HTTP GET request; the service returns results as an Atom or RSS feed.

GData サービスから情報を取得するには,HTTP GET リクエストを送信する.サービスは結果を Atom あるいは RSS フィードとして返す.

You can update data (where supported by a particular GData service) by sending an HTTP PUT request.

HTTP PUT リクエストを送信することによって,(その GData サービスがサポートする) データを更新できる.

All sorts of services can provide GData feeds, from public services like blog feeds or news syndication feeds to personalized data like email or calendar events or task-list items. The RSS and Atom models are extensible, so each feed provider can define its own extensions and semantics as desired while still conforming to the standards. A feed provider can provide read-only feeds (such as a search-results feed) or read/write feeds (such as a calendar application).

ブログフィードやニュース配信のような公開サービスから,電子メールやカレンダー,タスク管理のような個人向けサービスまで,GData はあらゆるサービスを提供できる.RSS と Atom には拡張性があり,標準に準拠したまま独自の動作や語彙を定義できる.受信専用フィード (たとえば検索結果) だけでなく読み書きできるフィード (たとえばカレンダー) を提供することもできる (訳注: ここでのカレンダーは,暦ではなくスケジュールの意味).

For example, a blogging application might provide a feed for each blog, and a comment feed for each blog entry. A calendar application might allow you to send full-text search queries using the GData protocol, and return results in the GData syndication format.

たとえば,ブログシステムは,ブログごとのフィードに加えて,記事にコメントするためのフィードを提供できる.カレンダーシステムでは,GData プロトコルによる全文検索クエリを送信し,結果を GData シンジケーションフォーマットで返すことができる.

Because GData is built on basic technologies・HTTP and standard syndication models・you can send GData requests and process the resulting feeds in a variety of ways: traditional syndication aggregators/feed readers, JavaScript/AJAX-based clients in a web browser, standalone applications, or any other approach you like. The GData protocol is programming-language-neutral; you can write a client in any programming language that lets you issue HTTP requests and parse XML-based responses.

GData は基本的な技術 (HTTP と標準シンジケーションモデル) に基づいているため,GData リクエストを送信したり受信したフィードを処理する方法はたくさんある.伝統的なシンジケーション集約リーダやブラウザで動作する JavaScript/Ajax クライアント,スタンドアローンアプリケーション,他にも好きな方法で処理できる.GData プロトコルはプログラム言語から独立しているので,HTTP リクエストを送信し,XML レスポンスを解析できるのであれば,どのような言語でクライアントを実装してもよい.

Creating and deleting a feed is left up to the service; the GData protocol does not provide ways to create or delete a feed.

フィード (訳注: APP の Collection を指している?) の作成と削除はサービスに一任される.GData プロトコルでは,フィードの作成と削除は定義されない.

The following table lists GData features and indicates whether they're available in other related technologies. For more information about these features, see the Protocol document.

下表は GData 機能一覧と,関連技術との比較である.これらの機能に関するより詳細な情報はプロトコル仕様書 (GData/Protocol) をあたること.

Feature GData Atom* RSS 2.0
Syndication Format Y Y Y
Queries Y N N
Updates Y Y N
Optimistic Concurrency Y N N
Authentication Y N N
機能 GData Atom* RSS 2.0
シンジケーションフォーマット Y Y Y
クエリ Y N N
更新 Y Y N
楽観的並行処理 Y N N
認証 Y N(訳注: Yが正しい) N
  • The "Atom" column refers to both the syndication format and the publication protocol.
  • "Atom" の列は,シンジケーションフォーマットと出版プロトコルの両方を含む

Motivation: Why GData?/GData である理由

Google's mission is to organize the world's information and make it universally accessible and useful. Sometimes making information accessible requires making it available in contexts other than a web browser. Thus, Google provides APIs to let client software request information outside of a browser context.

Google の使命は世界中の情報を編成し,どこからでも利用できるようにすることである.もちろん,ブラウザ以外からも利用できなければならない.Google は,ブラウザに限定しない形で API を提供する.

GData provides a general model for feeds, queries, and results. You can use it to send queries and updates to any service that has a GData interface.

GData では,フィード,クエリ,結果を扱う統一的なモデルが提供される.このモデルに従えば,GData インタフェースを持つあらゆるサービスに対してクエリや更新リクエストを送信できる.

Syndication is an effective and popular method for providing and aggregating content. GData provides a way to expand the types of content that Google can make available through syndication; in particular, it lets you use the syndication mechanism to send queries and receive query results. GData also lets you send data to Google, and update data that Google already has.

シンジケーションは,データを提供・集約するための効果的かつ普及した方法である.Google はシンジケーションを使ってコンテンツを利用可能な形にしているが,GData によってその種類を増やせるようになる.クエリの送信や結果の受信にシンジケーションのメカニズムを利用できる.また,データを Google に送信したり,既存のデータを変更することができる.

Last modified:2014/11/04 10:33:30
Keyword(s):
References:[GData/Protocol]